女性ホルモン(エストロゲン)が足りない状況が続くと体にも勿論影響が起きていきます。

1,認知機能の低下 記憶力も低下します。
エストロゲンは記憶に対して大切な働きをする脳の中の海馬への血流を改善する働きがあります。
脳に蓄積してアルツハイマー病を起こすと言われている最終糖化産物アミロイドβーが溜まる事を抑制して記憶や認知機能を保護する働きがあると考えられています。

2,皮膚粘膜が弱く過敏になる。
エストロゲンの欠乏によりコラーゲン、脂肪組織、水分保持力の低下を起こします。
結果、皮膚組織の弾力性が失われて薄く成るため出血しやすくなるんです。
これらの影響で、皮膚の痒みや炎症、ただれや萎縮性外陰炎、膣炎も起きやすくなります。
萎縮性の変化は尿道や膀胱にも起こるので、尿道炎や膀胱炎による排尿困難、頻尿につながることもあります。

3,血管の老化(動脈硬化)
エストロゲンは血管の壁の炎症を抑え、血管の内側の壁の再生力を高めます。
エストロゲンの低下により血管を守る力弱まります。
脂質代謝にも変化おきて悪玉コレステロールが多くなり血管の壁に入り込み動脈硬化を起きやすくします。

4,骨がもろくなる。骨粗鬆症
骨は毎日少しずつ生まれ変わっていますが、エストロゲンが足りなくなると、破骨細胞の働きと骨芽細胞の働きのバランスが崩れて弱くなっていきます。

更年期対策、美肌、老化予防

更年期対策、美肌、老化予防

皮膚は内臓の鏡!日頃の体の不調も体からのサイン。漢方で内側から整え
綺麗に元気になりましょう。

更年期は女性ホルモンが減っていく差が感じる時期
更年期後は、男性より少なくなった女性ホルモンの対策を実行して元気に。

女性ホルモンの働き
1,骨を丈夫に保つ 骨粗鬆症
2,血管の柔軟性  高脂血症、高血圧、動脈硬化、心血管疾患、脳の老化
3,精神の安定  不定愁訴、心因性精神症状、自律神経失調症
4,免疫低下   癌、自己免疫疾患、感染症
5,粘膜の萎縮  シワ、たるみ、髪パサパサ、

西洋医学と漢方の更年期対策はまるっきり違います。

西洋医学の更年期対策                               減少した女性ホルモンを外から足します。                 メリット 突然の強い症状に効きやすい。               デメリット 原因が複雑な場合改善しづらい。
筋腫、内膜症、高血圧、糖尿病、乳腺症、子宮内膜がん、乳がんの場合はあまり使えない。連続使用での乳がんのリスクの声も上がっている。

漢方の更年期対策                          漢方は、ホルモンを出す力を内側から補ってホルモン下降のカーブを緩やかにします。

ホルモン曲線に変化が出始めるのは35歳から

兆候 今まではなんとかなってたのに・・。中性脂肪、コレステロールの変化 下腹がたるんでくる年齢。歯茎の緩み、歯周病も気をつけて。

42歳 ホルモン量減り始める

兆候 生理周期短くなった。生理期間短くなった。太りやすくなったなど。

49歳 ホルモン量減ってくる

そろそろ閉経を迎える時期 肩が上がらない。よく寝れない。セックスに痛みを感じるなどの変化を感じる場合も。更年期について心や体の準備整えましょう。

#更年期の症状

イライラ、倦怠感、頭痛、寝汗、ホットフラッシュ、悪心、興奮しやすい、性交痛、背部痛、耳鳴り、肩こり、腰の冷え、多汗、頻尿、無気力、下腹部痛、孤独感、立ちくらみ、不安、めまい、関節痛、寂しさ、脱力感、不安感、物忘れ、気分不安定、食欲不振、亢進、手足のしびれ、腹部膨満、憂うつ、胸部圧迫感、視力低下、手足の冷え、不眠、腰痛、筋肉痛、頭重、動機便秘、冷感症など (産婦人科漢方研究のあゆみより)

更年期指数チェックリスト

強い 中くらい 弱い 無い
顔がほてる 10 6 3 0
汗をかきやすい 10 6 3 0
腰や手足が冷えやすい 14 9 5 0
息切れや動悸がする 12 8 4 0
寝付きが悪い又は、眠りが浅い 14 9 5 0
怒りやすい、すぐにイライラする。 12 8 4 0
くよくよしたり、ゆううつに成ることがある 7 5 3 0
頭痛、めまい、吐き気がよくある 7 5 3 0
疲れやすい 7 4 2 0
10 肩こり、腰痛、手足の痛みがある 7 5 3 0

0~25 上手に更年期を過ごせています。

25~50 食生活や適度な運動を意識して無理の無い生活を

51~65 医師による生活指導、カウンセリング、治療が必要

66~80 半年以上の治療が必要

81~100 精密検査をして長期的な治療を行う必要有り

皮膚に栄養を与える「血液」、潤いを与える「水」(潤い)、これらを巡らせる為の「気」(元気)

血液、潤い、元気を生むためには、内蔵から整えると内側から染み渡るように綺麗になり
更年期や老化予防にもなります。

漢方では内蔵を五臓で分けて考えます。肝、心、脾、肺、腎

肝の不調は顔色のくすみ、疲れやすい
心の不調は顔色白く、艶が無くなる
脾の不調はむくみ、たるみの原因に
肺の不調は肌カサカサ
腎の不調はシミ、シワ、白髪、抜け毛

一つの臓の不調は全体のバランスを乱します。
五臓のバランスを整え内側からの美肌、更年期対策、老化予防に取り組みましょう。

シミ、シワ、大人ニキビ、たるみ、髪のトラブルなど具体的内容も内臓から整えます。